ICL検査@小沢眼科

ICL手術を受けてみた@水戸小沢眼科内科病院 初診から術前検査まで

7歳と1歳の男の子ふたりのママです

36歳にして目のICL手術にチャレンジしました

わたしは茨城県に住んでいるので、水戸市にある小沢眼科内科病院にて手術を受けることにしました

今回の記事では、初診から術前検査までのことを記録しておきます

初診の流れ 問診・簡易検査・医師の診察

初診のみ小沢眼科内科病院の公式サイトより予約を取りました

初診は車で行っても大丈夫だったので、車で行きました

小沢眼科内科病院は水戸市内でいちばん人気のある眼科なので

8時30分に到着したときには総合病院の待合室のように人がたくさんいました

初診の流れ
  1. 受付
  2. 看護師の問診
  3. ICL適応検査
  4. 医師の診察
  5. 会計(5,500円)
  6. 術前検査の予約

まずは受付で名前を伝え、病院の診察券を作ってもらいました

つづいて、看護師さんから簡単な問診がありました

検査室にてICL手術の適応か調べる検査をしてもらいました

この検査は簡単なもので、4つしかありませんでした

  1. 目の度数を調べる検査(気球が大きくなったり小さくなったりするやつ)
  2. 眼圧検査
  3. 視力検査(右、左、上、下を答えるやつ)
  4. 目の中にレンズを入れるスペースがあるか調べる検査

眼圧検査は「目に風が当たるのが苦手だ」と言ったら、目をパチパチ触るだけの検査にしてもらえました


最後に医師の診察ですが、かなり混んでいたので1時間ほど待たされました

医師から説明されたこと

  1. ICL検査のレンズは国内品の度数は-3.0以上しかない。左目が-1.5ほどなので輸入レンズを購入することになる
  2. 輸入レンズの購入は通常料金プラス10万円ほどかかる
  3. 輸入レンズが届くまでに4週間以上かかる
  4. 前金として手術前に40万円ほど支払いが必要

それでもやりますか?

と聞かれたので、やります!と即答。

この日のお会計は5,500円を現金で支払いました

術前検査の日程を予約して終了

初診は朝の8時半からお昼までかかりました

術前検査 検査・医師の問診・採血・手術説明・前金の入金

術前検査は初診の2週間後

この日は車の運転NGなので、水戸駅前から出発する無料シャトルバスに乗って向かいました

最初に言っておきますが、術前検査は朝の8時半に受付し、終わったのは15時です

簡単な検査ではないし、めちゃくちゃ疲れるので、本気で手術を受ける気がないならやらない方がいいと思います

術前検査の流れ
  1. 無料シャトルバスで病院へ
  2. 1人目の検査員の検査
  3. 2人目の検査員の検査
  4. 瞳孔を開く目薬をさし、30分休憩
  5. 視力の再検査
  6. 医師の診察
  7. 採血・血圧測定
  8. 手術説明
  9. 会計
  10. 目薬をもらう

一人目の検査員の検査は長時間でかなり消耗した

目の中に入れるレンズの度数を決める大切な検査なので

ふたりの検査員によって詳しく調べることになります

一人目の検査員の方がほとんどの検査をしてくれることになります

調べた項目はこちらです

  1. 目の度数を調べる検査(気球が大きくなったり小さくなったりするやつ)
  2. 目の写真撮影
  3. 目の細胞の写真撮影
  4. 乱視の検査
  5. 眼鏡の度数検査
  6. 視力検査(右、左、上、下を答えるやつ)


⑥の視力検査はいまだかつてないほど長時間にわたって、何度も調べられました

あい
あい
とにかく目がめちゃくちゃ疲れました

ふたり目の検査員の検査でさらに消耗

⑥の視力測定のみ、もう一人の検査員の方が同じように調べてくれます

一回の検査だけでもかなり目が疲れるので、へとへとでした

ふたり目検査員の検査が終わったのが10時半

ここまでで2時間かかりました

個室にて一人目の検査員からICL手術の説明を受けた

その後、テレビのある個室に移動し、

5分おきに瞳孔を開く目薬を3回さされました

同時に一人目の検査員からICL手術の説明を受けました

ICL手術@小沢眼科内科病院
ICL手術@小沢眼科内科病院
ICL手術@小沢眼科内科病院
ICL手術@小沢眼科内科病院
ICL手術@小沢眼科内科病院

あい
あい
瞳孔を開く目薬はピントを調節する機能をなくすものなので、これ以降はスマホが見えにくくなりました

視力の再検査はあっさり終わった

目薬をさした後、30分時間をおいて視力の再検査を行いました

この検査は1回目よりは時間がかからなかったです

ここまでで時間は11時40分

お昼ごはんを持ってこなかったことを後悔しました

医師の診察で輸入レンズになる可能性がある説明を受けた

医師の診察を受けるまでに個室で50分待たされました

目がぼやけてスマホを見れないので、テレビを見ているしかなく正直ヒマでした

12時半にやっと呼ばれましたが、説明されたことは初診のときとほぼ同じでした

  1. ICL検査のレンズは国内品の度数は-3.0以上しかない。左目が-2.5ほどなので輸入レンズを購入するか、国内レンズで過矯正気味に矯正する方法もある
  2. 輸入レンズの購入は通常料金プラス10万円ほどかかる
  3. 輸入レンズが届くまでに4週間以上かかる
  4. 輸入レンズが届く日程が読めないので、手術日が直前で変更になる可能性がある
  5. 前金として手術前に40万円ほど支払いが必要

ICL手術輸入レンズ@小沢眼科内科病院

それでもやりますか?と念を押されたので、

お金がかかってもいいので、最適なレンズで手術を受けたいとハッキリ伝えました

ちなみに輸入レンズは、国内レンズと物は同じだそう。安全性は国内レンズと同じです。お金と時間がプラスでかかるだけです

採血・血圧測定

手術前に感染症がないかどうか調べるため、採血・血圧測定を行いました

ここでもさらに待たされ、13:20になってやっと呼ばれました

もうヘトヘト…早く帰りたい…

患者支援室にて手術前の注意事項の説明

さいごに患者支援室にて手術の説明があると言われました

手術を受ける方がたくさんいて、1時間ほど待つと言われました

あい
あい
もう限界。お腹すいた。早く帰りたい…

結局30分ほど待ったら呼ばれ、手術前の注意事項の説明を受けました

ICL手術@小沢眼科内科病院

ここで手術同意書にサイン

お会計で前金の支払い&目薬をもらった

さいごにお会計

わたしの場合は、前金として40万円のお支払いが必要だとのことだったので

クレジットカードに手40万円をお支払いしました

手術日より3日前から使う目薬をもらって、すべて終了

ICL手術@小沢眼科内科病院

時間は15時!

これでやっとICL術前検査が終わりました

ちなみに、術前検査の2日後に院長から直々に電話があり

輸入レンズが届くのに8週間かかるとのこと

手術日は術前検査の2か月後になりました

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。